高木学校 活動日誌Blog

イベント案内、出版物の紹介から、活動報告まで、高木学校の日々の様子をお伝えします。
『高木学校通信』115号 2018.03.29

いのちを守るために何が必要か                崎 山  比早子    1
いのち・くらし・人権を考えるシンポジウム        武 藤  類 子    2
子ども達を守りたい                        伊 藤  麻 理    3
子どもの放射線被ばくの影響と今後の課題            崎 山  比早子    4
年間20mSv被ばくの現状を追認する放射線審議会    瀬 川  嘉 之    5
大気試料のサンプリング方法―イソシアネートの場合    横 石  英 樹    7
事務局から/目次                                8

続きを読む >>
| お知らせ | 19:34 | comments(0) | - |
『高木学校通信』114号 20180125

月例勉強会報告 放射線影響評価に使えるクロス集計分析指南    桑垣 豊    1
不要ながん検診と必要ながん検診
    〜日本のがん対策と世界基準の比較〜            瀬川嘉之    3
医療被ばく(PET検診)を憂える                吉田 均    6
多発する子どもの甲状腺がん
    ―福島県健康調査はこのままで良いか―            崎山比早子    7
事務局から/目次                                8

続きを読む >>
| お知らせ | 19:31 | comments(0) | - |
『高木学校通信』113号 20171130

第21回市民講座報告 東電原発事故の放射能と健康被害
わかっていることも、わからないことに
はじめに                            湯浅欽史    1
発表 健康調査、6年間の整理―なぜわかりにくいのか    奥村晶子    2
     放射能影響―わかっていることいないこと        崎山比早子    3
     放射性廃棄物、何が問題か―除染ゴミのゆくえ    桑垣 豊    4
     環境放射能汚染と放射線被ばく            瀬川嘉之    5
参加者の感想 高木学校第21回市民講座に参加して    山本剛史    5
反核世界社会フォーラム
福島の現状と甲状腺がん多発についての報告        崎山比早子    7
投稿    徒長した雑草でも緑は緑                高橋道子    8
事務局から/目次                                8

| お知らせ | 19:20 | comments(0) | - |
『高木学校通信』112号

2017「夏の学校」8月26-27 日
足尾鉱毒事件現地見学と草木湖畔での研究発表会 奥 村 晶 子 1
フィールドワーク報告 足尾鉱毒事件現地見学 桑 垣 豊 2
正造の言葉が映し出す現代! 坂 原 辰 男 4
発表
健康調査、6年間の経緯と疑問 奥 村 晶 子 5
放射線の健康影響―わかっていること、いないこと 崎 山 比早子 5
環境放射能汚染と放射線被ばく 瀬 川 嘉 之 6
放射性廃棄物、何が問題か 桑 垣 豊 7
スマートメーター 田 中 捷 一 7
壁面緑化 −都市の熱汚染対策− 高 橋 道 子 8
参加者の感想
行こう公害の原点 足尾銅山鉱毒事件の地へ 豊 田 春 美 8
渡良瀬遊水地と足尾銅山を訪ねて 大 水 春 恵 9
事務局から/目次 10

続きを読む >>
| お知らせ | 21:59 | comments(0) | - |
『高木学校通信』111号

科学史学会報告 瀬 川 嘉之 1
整形外科学会での講演報告 崎 山 比早子 2
夏の学校案内 奥村/湯浅 3
月例勉強会 足尾銅山鉱毒事件研究と反原発闘争 菅 井 益 郎 5
血液検査で結核集団検診回避 野 中 典 子 6
出前先から
●「放射線から子どもたちを守る三郷連絡会」のご紹介 連絡会事務局 8
●みやぎ三団体共催講演会を開催して 鈴 木 真奈美 8
事務局から 10

続きを読む >>
| お知らせ | 21:52 | comments(0) | - |
『高木学校通信』第109号 2017.3.30発行

目次

第6回市民科学国際会議報告          瀬川嘉之   1
月例勉強会 日本の核燃料サイクルの未来は    勝田忠広   3
酸化系とaging、還元系とantiaging       高橋道子   5
寄稿 先人に学び「原発ゼロ」社会の実現を   小野寺けい子  7
事務局から                        8

続きを読む >>
| お知らせ | 11:26 | comments(0) | - |
『高木学校通信』第108号 2017.1.26発行

第12 回高木学校カフェ 平和憲法はなぜ大切か      石田 憲   1
第28回多田謡子反権力人権賞受賞者選考理由より          3
月例勉強会報告 放射線理解をめぐる学問と政治      佐々木力  4
札幌生活クラブ講演会報告
  *雪の北海道 出前講演              奥村晶子   5
  *福島県小児甲状腺がん(疑い)174人、
    そして低線量長期被ばくの健康への影響    小笠原はや子  5
「がん検診でがん死亡率は減るか」の学会発表に反応続々  瀬川嘉之  7
事務局から                            8

| お知らせ | 22:13 | comments(0) | - |
『高木学校通信』第107号 2016.11.24発行

■高木学校第20 回市民講座開催
−原発事故−いのちとくらしを守っていくために  奥村晶子  1
【発表者の報告】
福島原発事故災害損害賠償、救済裁判−避難の正当性− 崎山比早子 2
健康被害対策、なぜできないのか?      奥村晶子   3
除染と帰還政策 瀬川嘉之 3
『 創造的復興』と政策の評価        山田千絵    4
【意見交換】 コーディネーター       山田千絵    5
【参加者からの寄稿】
  高木学校に参加して          嶋田千恵子    6
  “ 愚かな原発” を広めたくて      大滝敬三郎    7
  参加意識とつながり          田中康予    7
■第6 回市民科学者国際会議の概要     瀬川嘉之    8
■第11 回 政策カフェin 二本松の概要    山田千絵    9
■二本松でのカフェ参加者の声
  はじめての高木学校カフェ〜二本松にて   後藤正子  10
  高木カフェ@二本松に参加して     長谷川玲子   10
■出前講座先から
「臨界事故を語り継ぐ会」のこれまで    相沢一正    11
事務局から/目次 12

| お知らせ | 22:05 | comments(0) | - |
『高木学校通信』 第106号 2016年9月29日発行

           目 次

特集 夏の学校2016 高尾グリーンセンターにて8月27-28    山 田  千 絵    1
★市民測定で見えてきたこと                           石 丸  偉 丈    2
★高尾グリーンセンター報告                            瀬 川  嘉 之    3
★グループ発表 個人発表        
☆    イソシアネート調査は簡易な方法で手広く            横 石  英 樹    4
☆福島県原発事故災害損害賠償、救済裁判―避難の正当性    崎 山  比早子    4
☆健康被害対策、なぜできないのか?                  奥 村  晶 子    5
☆除染と帰還政策                                   瀬 川  嘉 之    5
☆復興予算と「創造的復興」言説                       山 田  千 絵    6
★夏の学校 参加者の感想・意見
☆あらためて脱原発を                               清 水  郁 子    7
☆8/27-8/28「夏の学校」感想文                       大 水  春 恵    7
☆夏の学校〜フィールドワークならぬフードワーク?〜     豊 田  春 美    8
出前講演先から
    原発事故後の健康と暮らしを考える                  清 水  奈名子    8
    憲法を生かす会・松戸と核問題                       篠 原  茂 弥    10
    6年目のフクシマ―アウシュヴィッツ平和博物館、
               原発災害情報センターのいま―           小 淵  真 理    10
第20回市民講座を開催します                            奥 村  晶 子    11
「3・11甲状腺がん子ども基金」設立の経緯と趣旨          崎 山  比早子    11
事務局から/目次                                                12

| お知らせ | 15:18 | comments(0) | - |
『高木学校通信』第105号 2016.7.28

             目次

被ばくを強要する政策に協力する科学者の加害性   瀬 川 嘉 之 1
月例勉強会:

  放射能汚染地域のため池に棲むコイの健康状態  半 沢 裕 子 2
夏の学校は高尾にて開催します           山田/瀬川 4
出前講演先から
   あの日から5年−終わらない旅        山 口 た か 5
   震災から5 年〜放射能測定室「たらちね」の活 動 鈴 木 薫 6
事務局から/目次                       8

| お知らせ | 14:02 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE