高木学校 活動日誌Blog

イベント案内、出版物の紹介から、活動報告まで、高木学校の日々の様子をお伝えします。
<< 『高木学校通信』第104号 2016.5.26発行 | main | 『高木学校通信』第105号 2016.7.28 >>
高木学校カフェ 第10回 くらしカフェ のご案内

高木学校カフェ 第10回 くらしカフェ
平和憲法はなぜ大切か
   - 石田憲 『敗戦から憲法へ』を手掛かりにして(1) -

 

話題提供:山田(岩間) 千絵
(高木学校 くらしの中からかえるプロジェクト)

 

 日本、ドイツ、イタリアの三国において、戦前の体制を克服すべく形成された三つの憲法。憲法改正についてどのような態度をとるにせよ、制憲過程の特徴を踏まえたうえで帰結(憲法)を理解することは不可欠です。比較国際政治史の観点で見れば、敗戦と同時に始まった三国の制憲過程には戦前からの体制(超国家主義・ナチズム・ファシズム)の連続性という共通項があります。しかしそれぞれの過程を経て生み出されたのは異なる根幹理念(日「平和主義」・独「基本権」・伊「社会権」)を掲げた憲法でした。また三国とも70年に渡り根幹理念を変えてこなかったことは共通しています。
 世界で唯一、戦争を放棄し平和憲法と呼ばれる日本の憲法。それはどのように獲得されたのか。そして私たちにとって「なぜ」大切か。比較と歴史の視点から、改めてご一緒に考えてみませんか?

(全3回の1回目)
 なぜ、これら理念は生まれたのか。2回目以降に考えていきます。


★「カフェ」でめざすこと:「カフェ」では自由に<話す←→聞く>ことができます。かつてカフェは市民が、平等な立場で、討論をすることによって、世論をつくり出してゆく場所という役割を果たしていました。わたしたちも、参加者が立場や肩書を超えて遠慮なく話せる場所、深く対話できる場所を提供したいと思います。(進行:山田)

☆くらしの中からかえるプロジェクトとは: 一人一人のくらしに根ざした、草の根からの問題発見と政策提言を応援するため、基礎的な研究を行っています。近年は、ワークショップ等の企画・実施(公共政策課題に関する議論のための場づくり)、研究活動(公共政策)、調査・普及活動(その他、基礎知識)に力を入れています。


日 時: 2016年8月20日(土) 10時10分から12時40分(予定)

場 所: 新宿区環境学習情報センター(2階)
     東京都新宿区西新宿2-11-4 新宿中央公園 エコギャラリー新宿内
     地図は、こちらから
      ●新宿駅西口 徒歩15分
      ●バス 新宿駅西口ターミナル17番乗り場 
       ■京王バス 宿32・宿33「十二社(じゅうにそう)池の下」下車
      ●大江戸線「都庁前」駅A5番より徒歩5分
      ●丸の内線「西新宿」駅2番より徒歩10分

主 催: 高木学校(企画:カフェ企画会)

資料代: 200円

申 込: 事前申込みは不要です。直接会場へお越し下さい。

問合せ: 高木学校事務局 takasas[あ]ja.main.jp
     ※メールアドレスの[あ]を半角の@に置き換えて下さい。

※チラシ(PDF/204.8kb)のダウンロードは、こちらから

| イベント | 15:51 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE